男性用の育毛剤を選ぶポイント

育毛剤選び

・育毛剤っていろいろあるけど、どれがいいかわからない
・口コミで人気のある育毛剤が本当に効果があるのかわからない
・育毛剤を使って副作用がでないか心配
・他にもっといい方法があるんじゃないの?

このような疑問や不安はないでしょうか?当サイトでは口コミなどで人気の育毛剤について、主な成分、価格、返金保証、刺激成分が入ってないかなどを実際に使用して徹底検証しました。

2019年、最新版の育毛剤を選ぶポイント、おすすめできる育毛剤ランキングなどを解説していますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

ポイント1 血行促進成分を配合しているか



育毛には血流促進が欠かせません。血液に含まれる栄養や酸素が毛乳頭に届き、毛母細胞は活性化します。血行不良になると髪の毛が細くなり、ハリやコシが低下してきます。

<<血行促進成分>>
・ピディオキシジル・・血流改善作用のあるミノキシジル誘導体
・塩化カルプロニウム・・血管を拡張して血流改善する成分
・センブリエキス・・血流改善作用のある生薬エキス
・ニンジンエキス・・血流改善作用のある生薬エキス
・ニンニクエキス・・血行を促進する生薬エキス
・ビタミンE・・血流改善と活性酸素を阻害する栄養成分

ポイント2 抜け毛を予防する成分を配合しているか



抜け毛の原因の多くは男性ホルモンと5αリダクターゼ酵素によって生成されるDHT(ジヒドロテストステロン)です。DHTはレセプターと結合し、脱毛因子を産生します。その結果、ヘアサイクルは短くなり、薄毛は進行します。

<<抜け毛を抑える成分>>
・ノコギリヤシ・・5αリダクターゼを阻害する植物ステロール/副作用なし
・オウゴンエキス・・5αリダクターゼを軽度に阻害する植物エキス
・ヒオウギエキス・・5αリダクターゼを軽度に阻害する植物エキス
・キャピキシル・・5αリダクターゼを阻害するイソフラボン配合
・桑白皮エキス・・脱毛因子を阻害する植物エキス
・大豆エキス・・女性ホルモン作用がありホルモンバランスを改善

ポイント3 細胞を活性化する成分



細胞活性化作用によって頭皮のコラーゲンを合成したり、毛母細胞の働きを活発します。その結果、毛髪のハリやコシの改善やヘアサイクルの正常化をサポートします。

<<細胞活性化成分>>
・M-034・・細胞を活性化するフコイダンを配合した海藻エキス
・プラセンタ・・胎盤から抽出されたエキス。毛根の細胞活性化
・パンテノール・・細胞活性化作用のあるビタミンB複合体
・アデノシン・・資生堂が開発した細胞活性化成分
・KGF・・毛母細胞を活性化するケラチノサイト成長因子
・IGF・・毛母細胞を活性化するインシュリン様成長因子
・VEGF・・血管を新生する成長因子

ポイント4 サプリメントがついているか



育毛剤と一緒に取り入れて欲しいのがサプリメントです。サプリメントは育毛に欠かせない栄養素をしっかり補給して、内側から薄毛対策をサポートします。DHTを抑制するノコギリヤシ、タンパク質を合成する亜鉛、毛髪の原料となるアミノ酸などを補給することが可能です。

返金保証がついているか

育毛剤は副作用が殆どありませんが、稀にカユミなどが出る場合もあります。返金保証つきの育毛剤であれば、頭皮に合わなければ返品することが可能です。

育毛剤おすすめ5選

育毛剤チャップアップ
チャップアップ

育毛剤とサプリでアプローチ
 血流改善成分豊富!
 頭皮ケア成分もたっぷり配合!
 サプリメントで内側からアプローチ!



育毛剤とサプリメントのセット。育毛剤には血流改善作用のある生薬をはじめ、炎症を抑える植物エキス、皮脂や糖化の改善をサポートする成分などを配合。サプリメントには5αリダクターゼを阻害するノコギリヤシ、代謝を促進する亜鉛、マカ、αリポ酸なども配合。

価格 9,090円 送料無料 30日間返金保証 定期回数縛りなし
容量 育毛剤:120ml、サプリ:120粒
育毛剤イクオス
イクオス

育毛成分がリニューアル!
 血流改善、頭皮ケア成分が豊富
 低分子ナノ水でしっかり浸透!
 亜鉛、ノコギリヤシたっぷり!


育毛剤には61種類の育毛成分配合。血流改善作用のある生薬をはじめ、頭皮の炎症を抑える植物エキス、保湿成分などをたっぷり配合。頭皮環境を整えつつ、毛根の活性化をサポート。サプリメントには抜け毛を抑えるノコギリヤシをはじめ、代謝を促進する亜鉛、イソフラボン、カプサイシンなど、育毛をサポートする栄養成分をたっぷり配合。

価格 7,538円 送料無料 45日間返金保証 定期回数縛りなし
容量 育毛剤:120ml サプリ:90錠
フィンジア
フィンジア

毛根活性化をサポート

 キャピキシル5%配合
 ピディオキシジル2%配合!
 10種類の育毛成分を配合


抜け毛の原因となる5αリダクターゼを阻害するキャピキシルで抜け毛対策。その他にも、血流改善作用のあるピディオキシジル、カプサイシン、センブリエキス、頭皮環境を改善する植物エキスなども配合。スプレータイプで頭皮にしっかりとアプローチ。

価格 定期:9,980円、送料無料、単品:12800円、送料640円 30日間返金保証
容量 50ml(1ヶ月分)
ポリピュアEX
ポリピュアEX

バイオポリリン酸配合

 血流改善成分を配合
 毛乳頭のFGF(成長因子)を安定化
 頭皮ケアをサポート


ポリピュアEXには独自成分「バイオポリリン酸」を配合。毛乳頭細胞に存在する成長因子の安定化をサポートし、育毛を促進します。その他、血流改善作用のあるセンブリ、人参などの生薬、炎症を抑えるグリチルレチン酸2kなども配合。

価格 6,800円~ 送料無料 45日間返金保証 定期回数縛りなし
容量 育毛剤:120ml
育毛剤ブブカ
ブブカ

46種類の育毛成分配合
 高濃度M-034配合
 アルコールフリーで低刺激
 35種類の育毛成分を配合したサプリメント!


ブブカ育毛剤には46種類の育毛成分を配合。血流改善作用のある生薬や頭皮を健やかに保つ植物エキスなどがあります。そして、ブブカには高濃度M-034を配合。M-034には細胞活性化、保湿、血流改善などをサポートする作用があります。サプリメントには35種類の育毛成分を配合。亜鉛、ノコギリヤシを豊富に配合し、内側から育毛をサポートします。

価格 初回5,980円 送料無料 30日間返金保証 定期回数縛りなし
容量 育毛剤:120ml サプリ:186粒
大幅に成分が増えたイクオス




 61種類の育毛成分を配合した育毛剤
 46種類の栄養成分を配合したサプリ!
 45日間返金保証


育毛剤イクオスは大幅にリニューアル。61種類もの育毛成分を配合。血流改善作用のあるセンブリエキス、ニンジンエキス、ビタミンEをはじめ、炎症、酸化、乾燥などを抑える頭皮ケア成分もたっぷり配合。さらに、抜け毛を抑えるヒオウギエキス、オウゴンエキスなども含まれています。低分子ナノ水を使用することで、育毛成分がしっかりと浸透します。

また、イクオスサプリも大幅に改良しています。抜け毛の原因となる5αリダクターゼを阻害するノコギリヤシ、毛髪の生成に欠かせない亜鉛、タンパク質のもとになるアミノ酸やミレットエキスなども配合。体の内側から育毛をしっかりサポートします。




悩み別におすすめの育毛剤特集

頭頂部
頭皮の血行を促進して栄養分をしっかりと送ることが大切です。頭頂部の薄毛に最適な育毛剤について。 頭頂部 育毛剤
前頭部
5α還元酵素により男性ホルモンがDHTに変換されるのを防止する事が前頭部の薄毛には欠かせません。 前頭部 育毛剤

脂漏症脱毛
男性ホルモン、ストレスなどの影響で発生する過剰な皮脂分泌、毛穴の詰まり、フケ対策について。 脂漏症脱毛
細毛対策
栄養分のある食事をしっかり摂り、毛乳頭に届けることが大切です。細毛、髪のコシが気になる方に。 細毛 育毛剤

育毛剤のおすすめ特集

コスパに優れた育毛剤

コストパフォーマンスに優れた育毛剤について。価格や内容量、成分などを比較し、費用対効果に優れた育毛剤をピックアップ!サプリメントと育毛剤のセット、定期購入、回数縛りなしなどの育毛剤を紹介。

コスパでおすすめ育毛剤はコチラ
チャップアップとブブカを比較

売れ筋育毛剤のチャップアップとブブカ。どちらも育毛剤とサプリメントがセットになっています。M-034,ノコギリヤシなどを配合した2つの育毛剤の特徴、成分、効果などを比較します。

チャップアップVSブブカはコチラ
女性におすすめ育毛剤

女性ホルモンや代謝低下など、女性の薄毛は男性とは違った原因があります。血流改善作用などの代謝の向上をはじめ、ホルモンバランスの改善、乾燥の予防など、女性の薄毛対策に欠かせない成分を配合した育毛剤を紹介。

女性育毛剤!おすすめはコチラ
育毛サプリのおすすめ

体の内側から育毛ケアに欠かせない栄養分を補給できる育毛サプリについて。抜け毛の原因となるDHTを抑制するノコギリヤシ、代謝を良くする亜鉛、ビタミン郡などを配合した、おすすめの育毛サプリを紹介。

人気の育毛サプリメント!おすすめはコチラ

年代別、成分、症状別におすすめの育毛剤

20代
遺伝の影響などにより、男性ホルモンの作用が働いてしまう20代の薄毛対策。 20代育毛剤はコチラ
30代
薄毛に悩む人が増える30代。ストレスやホルモンによる薄毛対策、育毛剤。 30代育毛剤はコチラ

40代
薄毛が進行する40代。頭頂部や生え際など男性ホルモンによる薄毛対策、育毛剤。 40代育毛剤はコチラ
50代
男性ホルモンに加え、代謝の低下が目立つ50代の薄毛対策、お勧めの育毛剤。 50代育毛剤はコチラ
M-034
三石昆布に含まれる成分。細胞活性化作用のあるフコイダン配合の育毛剤。 M-034配合の育毛剤
成長因子
薄毛治療で注目されている成長因子。細胞活性化、血流改善をサポート。 成長因子配合の育毛剤

キャピキシル
5αリダクターゼを阻害するイソフラボン、ペプチドを合わせて配合した育毛剤。 キャピキシル配合の育毛剤
ピディオキシジル
ミノキシジルに似た血管を促進する成分を配合した育毛剤の効果、特徴。 ピディオキシジル育毛剤

ドラッグストア
ドラッグストアで扱っている育毛剤について。特徴や価格などを紹介。 ドラッグストア育毛剤
AGA病院
薄毛治療に特化したAGA病院の治療内容や料金などについて紹介。 AGA病院
若ハゲ対策

男性ホルモン量や、5αリダクターゼ、レセプターの感受性などが影響する遺伝をはじめ、ストレスなどによって発生する若ハゲの原因と対策、育毛剤について。

若ハゲ対策、育毛剤
M字ハゲ

毛乳頭で男性ホルモンと5αリダクターゼによって生成されるDHTによる生え際の薄毛について。ヘアサイクルが短くなる生え際の薄毛対策、育毛剤について。

M字ハゲ育毛剤はコチラ
低刺激の育毛剤

香料や防腐剤、石油系界面活性剤などのアレルギー症状を引き起こす成分をできるだけ排除。さらに、アルコールフリーで敏感肌でも安心の育毛剤について。

低刺激の育毛剤はコチラ


新しい育毛成分を配合したスカルプエッセンス



・キャピキシル
キャピキシルはカナダの化粧品メーカーが開発した育毛成分です。アカツメクサ花エキスとアセチルテトラペプチド-3が含まれています。

アカツメクサ花エキスには5αリダクターゼ酵素を阻害し、抜け毛の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)を抑制する作用があります。アセチルテトラペプチド-3には細胞活性化作用があり、毛髪の定着、成長をサポートします。


・ピディオキシジル
ピディオキシジルはミノキシジル誘導体と呼ばれる育毛成分です。血流改善作用があり、栄養や酸素を毛根に届ける作用があります。栄養を受けることで毛髪の成長やハリ・コシの改善をサポート。ミノキシジルほどの強い血管拡張作用はありませんが、副作用の心配は殆どありません。


・リデンシル
リデンシルはスイスのインデュケム社が開発した育毛成分。セイヨウアカマツエキス、チャバエキス、グリシン、ピロ亜硫酸ナトリウム、塩化亜鉛で構成されています。

リデンシルはバルジ領域を活性化する作用があり、ヘアサイクルの改善をサポートします。さらに、抜け毛の原因となる炎症性サイトカインを抑制する働きもあります。


・成長因子
成長因子とは複数のアミノ酸で形成されているペプチド成分です。ペプチド成分には細胞を活性化する作用があり、毛母細胞の活性化などを促進します。毛髪の成長や固定をサポートします。

薄毛、抜け毛の原因について


薄毛の原因

●遺伝、男性ホルモン
脱毛の原因の多くは遺伝、男性ホルモンです。男性ホルモンは5αリダクターゼ酵素によってDHT(ジヒドロテストステロン)に変化します。このDHTがレセプターと結合することで毛母細胞の働きが低下してしまいます。

遺伝が影響するのは男性ホルモンの分泌量や男性ホルモンレセプターの感受性などです。母親型の家系の影響を受けやすいと言われています。

●加齢、ストレスなどによる代謝低下
加齢による代謝の低下も薄毛の原因です。年齢と共に活性酸素の増加や血行不良などにより、毛母細胞の活動は低下してきます。その他、日々のストレスも血行不良を引き起こし、薄毛の原因となります。

●頭皮トラブル
頭皮トラブルも抜け毛の原因の一つです。男性に多いのが皮脂の過剰分泌による脂漏性皮膚炎です。洗浄力の強いシャンプーの使用や糖分や脂肪分を含んだ食事の摂りすぎ、ビタミンB群の不足などがあります。

頭皮の乾燥からくるのが粃糠性脱毛症です。頭皮が乾燥することで炎症やフケが発生します。フケが毛穴につまることで毛髪の成長力が低下してしまいます。

●生活習慣
薄毛の原因には生活習慣の乱れも考えられます。特に、喫煙は血管を収縮することで血行不良を引き起こします。さらに、ビタミンC等を消費することで活性酸素も発生して老化の原因となります。

その他、睡眠も大切です。睡眠中は細胞を活性化する成長ホルモン、活性酸素を阻害するメラトニンが分泌されます。睡眠は6時間程度は確保することをおすすめします。そして、有酸素運動は肺活量を上げて血流を改善する作用があります。

育毛剤のデメリット



●進行した薄毛には効果無し
薄毛が進行し、頭皮が綺麗に見えてしまっている状態になると、育毛剤での薄毛対策は難しくなります。薄毛が進行すると毛根自体が殆ど活動していません。育毛剤は今ある毛根を活性化し、毛髪の成長を促進する効果があります。

薄毛が相当に進行した場合、プロペシアやミノキシジルなどの治療薬を服用する必要があります。AGAクリニックなどでフィナステリド、ミノキシジルの内服薬を処方してもらい、薄毛治療を行なっていきます。それでも難しい場合は、自毛植毛をするしかありません。

●即効性はない
育毛剤のデメリットとして即効性はありません。血流改善作用や5αリダクターゼを阻害する作用、フケや痒みを抑える効果がありますが、医薬品に比べること効果は穏やかです。

ヘアサイクルには退行期、休止期が4ヶ月程度あります。休止期は毛根自体が活動をしていないため、髪の毛は一切成長しません。そのため、育毛剤は6ヶ月は使用することをおすすめします。

育毛剤の使用方法



育毛剤を使用したからといって、すぐに効果が出てくる事はほとんどありません。1ヶ月ほどで効果が出てきたと言う人もいますが、髪の毛には生え変わるヘアサイクル(毛周期)があります。

一旦抜けた毛が元の状態に戻るまで3~4ヶ月(休止期)かかるといわれています。少し使って効果が出ないから、とあきらめてしまう人も多いですが、少なくとも半年くらいは継続する事をおすすめします。

育毛剤はシャンプー後、頭皮を乾かしてから薄毛部分に頭皮に塗布します。指の腹でシワを作るようにマッサージをしながら、育毛剤を擦り込みます。マッサージをすると頭皮の血行がよくなるので、しっかり行うことをおすすめします。

育毛剤と育毛トニックの違い



育毛剤と育毛トニックの違いがわからないと思っている方も多くいます。多くの育毛トニックはドラッグストアでは1,000円前後で購入できます。ただ、育毛剤と育毛トニックは大きく異なります

・育毛トニックの特徴
ヘアトニックは成分の50%~80%が水とアルコール、メントールです。お風呂上がりに使用すると頭皮に爽快感があるのはアルコールやメントールのおかげです。有効成分も配合されていますが、容量はかなり少なめです。

アルコールやメントールによって頭皮に清涼感をあたえ、殺菌作用によって頭皮を清潔に保つ作用があります。トニックは頭皮に爽快感を与え、抜け毛を予防するのが主な目的です。

・育毛剤との違い
育毛剤は血流改善作用、細胞賦活作用、消炎作用、DHTの抑制など、育毛に直接関わる作用に重点を置いています。毛髪の成長促進、脱毛予防、フケ、かゆみを抑える効果などがあります。

アルコールやメントールが主な成分であるトニックは頭皮の殺菌、清涼感を与えるのが主な役割のため、これからの抜け毛予防、ベタつきやすい頭皮ケアにおすすめです。

育毛剤と発毛剤を比較

育毛剤は医薬部外品、発毛剤は医薬品になります。ここでは育毛剤と発毛剤の違いについて紹介します。

●育毛剤(医薬部外品)
育毛剤

育毛剤は厚生労働省から承認された有効成分が含まれ、発毛促進と脱毛予防作用などがあります。医薬部外品とは「人体に対する作用が緩和なもので、病気の防止などに用いられるもの」と定義されています。

育毛剤には血流促進、細胞賦活作用、頭皮環境の改善、抗男性ホルモン作用のある成分などを配合。医薬品と違い副作用は殆どありません。

●発毛剤(医薬品)
発毛剤

医薬品は治療を目的に作られています。発毛剤にはミノキシジル、フィナステリド、デュタステリドがあります。

・ミノキシジル
ミノキシジルには血管拡張作用があり、栄養や酸素を毛乳頭に送ります。毛乳頭が活性化することで発毛を促します。ミノキシジルの副作用には頭皮のかぶれなどが報告されています。

・フィナステリド、デュタステリド
フィナステリド、デュタステリドには5αリダクターゼを阻害する作用があり、DHT(ジヒドロテストステロン)の産生を抑えます。脱毛進行の延滞する効果がありますが、性欲減退、勃起不全などの副作用が報告されています。

発毛剤の副作用



・フィナステリドの副作用
医薬品には薄毛治療において強い効果が期待できます。プロペシア(フィナステリド)には性欲減退をはじめ、勃起不全、抑うつ症状などが報告されています。

特にこれから子作りをしようとする人は注意が必要です。決して多くはありませんが、男性不妊、精子の減少などの副作用が報告されています。

・ミノキシジルの副作用
ミノキシジルには外用薬と内服薬があります。外用薬の副作用には頭皮のかゆみ、かぶれ、フケなどがあります。内服タイプには体毛増加の症状が見られます。

また、ミノキシジルは血管を拡張する治療薬です。血圧や心臓に異常がある人は使用できません。非常に稀にですが、心拍は早くなったり頭痛が発生することがあります。そのような場合は直ちに使用を中止し、医師に相談します。

個人輸入には注意が必要



プロペシアやミノキシジルを格安で手に入れる事ができる個人輸入サイトが人気です。ただ、個人輸入薬は偽造品が非常に多く出回っています。医師の診断を受けずに治療薬を入手できますが、安全性が確認されていない医薬品の使用は健康被害を生じる恐れがあります。

薬の個人輸入は外国で受けた治療を継続する場合や、海外からの旅行者が常備薬として使用することを想定しています。副作用についての医師からの説明などもたいため、自己責任になります。安価だからという理由だけで購入するのはおすすめできません。

育毛剤以外の薄毛、抜け毛対策

シャンプーに育毛効果はなし



シャンプー自体には育毛効果はありませんが、抜け毛予防に有効です。毛穴の汚れを落としてフケや痒み、臭いなどを防止する働きがあります。ここではシャンプー選びのポイントについて紹介します。

●洗浄成分がポイント
シャンプーで最も重要なのが洗浄成分(界面活性剤)です。シャンプーにはアミノ酸系、石鹸系、高級アルコール系があります。薄毛対策にはアミノ酸系がおすすめです。

高級アルコール系、石鹸系は脱脂力がつよいため、皮脂を取りすぎてしまいます。特に硫酸ナトリウムやスルホン酸ナトリウムは頭皮に刺激を与え、フケや痒みの原因となります。アミノ酸系シャンプーは適度に皮脂を落としてフケやかゆみ、地肌の炎症などを抑えます。

●シリコンは毛髪にダメージ
アミノ酸シャンプーの多くはノンシリコンです。シリコン自体はジメチコン、シクロメチコンと呼ばれる成分で、安全性の高い潤滑剤です。髪の毛をコーティングする作用があり、指通りのいい髪の毛を実現します。

ただ、シリコンは髪の毛をコーティングするために、トリートメントやパーマやカラーの浸透を妨げる作用があります。パーマやカラーをする際には強い薬剤を使用する必要があり、髪の毛や地肌にダメージを与えてしまいます。

育毛サプリで内側から栄養補給

サプリランキング

育毛サプリは薄毛対策をサポートする栄養分を補給することで、内側から育毛を促進します。外食が多く栄養が摂れない人、好き嫌いが多い人などにおすすめです。そして育毛サプリ選びで最も重要なのが配合成分です。ここではサプリに含まれる栄養分について紹介します。

●ノコギリヤシ、亜鉛
多くの育毛サプリに含まれるのがノコギリヤシ、亜鉛です。ノコギリヤシは5αリダクターゼを阻害する作用があり、DHT(ジヒドロテストステロン)の産生を抑えます。亜鉛は毛髪の原料となるタンパク質を合成する作用があります。

●アミノ酸、ミレットエキスなど
毛髪はケラチンと呼ばれるタンパク質から出来ています。このタンパク質はシスチンやメチオニンなどのアミノ酸から出来ています。また、ミレットエキスはアミノ酸を豊富に含んだキビエキスです。

●シトルリン、ヒハツエキスなど
シトルリンやヒハツエキスは血流改善作用があります。体の内側から血行を促進することで、栄養や酸素が毛根まで届きやすくなり、髪の毛の成長をサポートします。

●イソフラボン、カプサイシン
イソフラボンはホルモンバランスを改善する作用があり、カプサイシンは脂肪分解作用や血流改善作用があります。さらに、イソフラボンとカプサイシンには成長因子「IGF-1」の産生をサポートする作用があります。IGF-1は毛母細胞を活性化します。

AGAクリニックの薄毛対策



男性型脱毛症は頭頂部、生え際、前頭部で進行する薄毛です。頭頂部から薄くなるか、生え際が後退するタイプ、混合タイプがあります。育毛剤を使用する際は、できるだけ初期に対応することが大切です。男性型脱毛症診療ガイドラインでは、薄毛の症状が上の図の三の段階まで来たら、医薬品での治療を推奨しています。

●ミノキシジル
ミノキシジルは血管を拡張する治療薬です。市販ではリアップが有名です。血管を拡張することで、血流量が増え、毛乳頭に栄養や酸素が届きやすくなります。その結果、毛乳頭から成長因子が生成され、髪の毛は成長します。

リアップのような外用薬に加え、AGAクリニックでは内服タイプのミノキシジルタブレットも処方しています。内服タイプは外用薬よりも強力な血管拡張作用があります。その為、体毛まで増加する副作用も見られます。ただ、ミノキシジル内服薬は血液検査と血圧測定の結果によっては処方出来ないこともあります。

●フィナステリド、デュタステリド
フィナステリド、デュタステリドには5αリダクターゼを阻害する効果があり、抜け毛の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)の発生を抑えます。フィナステリドはⅡ型5αリダクターゼを阻害し、デュタステリドはⅠ型とⅡ型の5αリダクターゼを強力に阻害します。

フィナステリド、デュタステリドには男性の薄毛改善に大きな効果を果たしますが、副作用の心配もあります。多くの副作用は性欲減退、勃起不全などのデリケートな症状です。フィナステリドは5%未満、デュタステリドでは10%程度に副作用が発生しています。

●頭皮注射(メソセラピー)
AGAクリニックの薄毛治療に頭皮注射があります。毛母細胞を活性化したり、血管の新生を促進する成長因子をはじめとする発毛促進カクテルを頭皮からダイレクトに注入します。注射、MEDJET法、電気穿孔法(エレクトロポレーション)などの方法で頭皮の奥までしっかりと浸透させます。1回あたりの治療費は高額になり、平均で6回から10回程度の治療を行っています。

●自毛植毛
生え際などの薄毛が進行し、治療薬では薄毛が改善しない場合、自毛植毛が選択肢の一つです。自毛植毛は後頭部の毛包を薄毛部分に移植する薄毛治療です。後頭部の毛包は男性ホルモンレセプターが存在しないため、DHT(ジヒドロテストステロン)による影響を受けません。最近ではメスを使わず、吸引パンチで毛包を採取する植毛が主流です。メスを使う方法に比べ、移植後の痛みが少なく、後頭部の傷跡も目立ちません。

育毛剤ランキング 新着情報

「育毛剤ランキング」について
育毛剤の種類は年々増えています。最近では女性用の育毛剤も増えていますが、男性用との違いは殆どありません。女性用は低アルコールタイプが多い傾向にあります。育毛剤の効果は主に4つです。血行促進、保湿消炎、皮脂抑制、DHT抑制の育毛作用があります。皮脂による毛穴づまりが抜け毛をもたらすという意見もありますが、それはほとんどありません。皮脂が原因であれば、後頭部や側頭部も薄毛になるはずですが、男性の薄毛のほとんどが頭頂部か前頭部です。男性の薄毛、抜け毛の原因のほとんどはは男性ホルモン、DHT(ジヒドロテストステロン)の影響です。特に頭頂部、前頭部にはDHTの原因となる5αリダクターゼが存在します。5αリダクターゼの働きを阻害する育毛剤、サプリがセットになった育毛剤ブブカ、チャップアップ、フェルサなどが人気です。育毛剤とサプリを併用することでDHTの生成を抑制します。「オウゴンエキス」「ヒオウギエキス」などを配合した育毛剤と「ノコギリヤシ」を配合した育毛サプリの組み合わせで毛母細胞の活性化で育毛を促進します。

最近、注目されている育毛成分として「キャピキシル」があります。キャピキシルとはカナダの化粧品メーカーが開発した原料で、5αリダクターゼを阻害する作用する植物エストロゲンが含まれています。その他にも細胞を活性化する成長因子(ペプチド)を含んだ育毛剤も販売されています。成長因子には毛母細胞をはじめとする毛根の細胞を活性化する作用があり、髪の毛の成長をサポートします。成長因子を使った薄毛対策はクリニックなどでも行われ、注目されている育毛成分です。血流改善作用のあるピディオキシジルという成分はミノキシジル誘導体と呼ばれ、血管拡張作用があります。ミノキシジルに近い成分ですが、副作用の心配がない成分です。薄毛対策ではミノキシジルやプロペシアのような医薬品がありますが、育毛剤は医薬部外品や化粧品扱いのため、効果は穏やかになりますが、副作用の心配はありません。
人気の育毛剤を比較

人気の育毛剤について。価格や効果、成分などを比較し、おすすめの育毛剤を紹介します。

売れ筋育毛剤の比較はコチラ

今月の売れ筋ランキング

イクオス

詳細はコチラ
チャップアップ

詳細はコチラ
ブブカ

詳細はコチラ

頭頂部、つむじの薄毛対策におすすめの育毛剤について紹介。

頭頂部の育毛剤はコチラ

コストパフォーマンスに優れたおすすめの育毛剤について紹介。

コスパ育毛剤はコチラ

30代男性の薄毛、抜け毛対策におすすめの育毛剤について紹介。

30代育毛剤はコチラ